気象予報をチェックして、紫外線対策

紫外線は、波長によって3種類に分けられます。


お肌の表皮を通り抜け、真皮にまでとどいてお肌の針や弾力を損なう原因となるといわれているUV-A、表皮に影響して肌の老化や皮膚がんを引き起こす可能性があるとされているUV-B、大気中のオゾンに吸収され、地表には届きませんが、オゾンホールの出現やオゾン層破壊による影響が懸念されているUV-Cがあります。


このように聞くと、紫外線は悪者と思いがちですが、何も悪影響ばかりではありません。


屋外で日光を浴びることによってビタミンDを合成し、表皮の殺菌作用もあるのです。ですので適度の紫外線は必要で、紫外線を理解し上手にお付き合いすることが私たちにとって大切なのです。