SPFとは

紫外線対策と日焼け止め紫外線対策として日焼け止めを購入する際の目安となるのがSPF数値です。


SPFとは紫外線B波を遮る効果の度合いを数値で示したものです。紫外線を浴びて肌が赤くなり日焼けが始まるまでの時間を、日焼け止めをつけることでつけていない時の何倍に延ばすことができるかを示す数値です。


一般的な日本人の場合真夏の正午に炎天下にいた場合約20分ほどすると肌が赤くなってしまいます。そこでSPFの数値が15の日焼け止めを使用するとおよそ5時間効果が持続するということになります。最近ではSPF50という製品もあるようですが確かに紫外線を遮る力は長時間持続できるでしょうが、粘度が高く塗布するにはあまり使い心地がよくないかもしれません。日焼け止めとして販売されている製品でもSPFの表示がないものは紫外線を防ぐ作用はほとんどないといえます。


・SPF値・・・ SPF1が、肌が赤くなるまでの時間を、20分間遅らせる。


正常なSPF値で紫外線から守るスキンケアをお探しなら
化粧下地でありながらスケインケア満載の美容クリームをご紹介しましょう↓↓↓