紫外線アレルギー(日光過敏症)

紫外線アレルギー・日光敏感症紫外線アレルギーとは日光などの紫外線に対して免疫反応が過剰に反応し、アレルギー反応が引き起こされることをいいます。


免疫反応とは体内に細菌やウィルスなどの異物が侵入すると、体内にある抗体が異物を無害化し異物を排除するために働く反応のことをいいますが、紫外線アレルギーの場合、この免疫反応が日光などの紫外線をアレルゲンとしてみなして過剰に反応し、生体にとって不利な反応をしてしまうのです。


紫外線アレルギーは日光過敏症とも呼ばれ、普通量の日光照射であってもアレルギー反応を引き起こしてしまうのです。紫外線アレルギーの症状はじんましん、腫れ、痒みなど主に皮膚に現れてきます。また、直接の原因ではありませんが紫外線アレルギーはアトピー性皮膚炎を悪化させる要因ともされています。


紫外線アレルギーによるお肌のトラブル処理など自分まかせなスキンケアはよりダメージが大きくなることがありますので、心配になったらお近くのエステサロンや皮膚科に相談しましょう。


ラパルレでは、お肌の悩み相談などを無料で相談体験できるコースを用意していますのでお気軽にお近くのラ・パルレへご来店のご予約をしてください。