紫外線対策


紫外線対策

紫外線対策紫外線は人の目に直接見えるものではありませんが、長時間浴びるとしみやしわの原因となってしまいます。


特によく晴れた日などは紫外線対策をしっかりとしないで長時間屋外で過ごしたりすると、肌は大きなダメージを受けてしまいます。また、曇りの日などは光の量が少ないからと油断してしまいがちですが、紫外線の種類によっては雲を突き抜け地上に到達します。


紫外線は春先からだんだんと強くなり、5月から夏にかけてどんどん強くなります。外出の際にはしっかりとした紫外線対策が必要です。紫外線を防ぐには紫外線を吸収するか反射するどちらかの方法が必要です。


紫外線対策として使われる日焼け止めクリームには紫外線吸収剤が入っているため紫外線を吸収し、紫外線が皮膚に到達するのを防いでくれます。


また、日焼け止めクリームには紫外線反射剤も入っていて紫外線を撥ね返してくれます。最近ではUVカット傘などの紫外線対策商品も売り出されています。


紫外線によるお肌のトラブルは早めに専門家へご相談しましょう。
確かな技術と信頼のおけるミスパリでは、お肌のケアを無料で体験できるコースをご用意しています。


紫外線対策と日焼け止め

紫外線対策と日焼け止め紫外線の攻撃を弱め日焼けを防ぐために効果を発揮してくれるのが日焼け止めです。肌を露出しなければ紫外線の攻撃を受けることはありませんが暑い夏場をそうはいきません。太陽光線が強い日はもちろん曇りの日でも日焼け止めを塗りしっかりと紫外線対策をする必要があります。


日焼け止めは、主に紫外線を吸収して吸収した紫外線を熱エネルギーにして外部へ放出する吸収剤と、
紫外線が直接肌に当たらないよう跳ね返してくれる散乱剤で構成されています。日焼け止めは幼児用から男性用、女性用と様々な種類がありますが用途に合わせたものを使用することが必要です。


そこで目安となるのが「SPF」と「PA」という値です。SPFは日焼けの原因となる紫外線Bを防ぐ指数でこの値が高いほど紫外線を防ぐ効果が長くなります。PAは紫外線Aを防ぐ指数で+の数によって3段階に表示され+の数が多いほど効果が強くなります。


・「SPF」・・・紫外線B波(UV-B)をカットする力を表示
・「PA」・・・・紫外線A波(UV-A)をカットする力を表示


こんな商品をお探しではありませんか?
驚きの使用感!1年中きちんとUVカットする保湿クリーム。
美のプロフェッショナル、美容ライターたちも大絶賛!

美しい素肌を守る為には欠かせない紫外線対策。毎日使うものだからAAC500はその使用感にこだわりました。つけた後に白くなったり、UVクリーム独特のにおいも一切ありません。そしてSPF22のウォータープルーフタイプと、その機能も頼れる内容。一年中降り注ぐ紫外線から大事なお肌を守る為、毎日使用していただきたい思いから開発された、年間を通して安心して使用していただけるUVクリームです。



紫外線対策に日傘

紫外線対策に日傘紫外線対策用のグッズとして日傘があげられます。


紫外線対策で日傘を選ぶとき、白やベージュ系のものより黒い日傘の方が紫外線を遮断するのには効果があるように思えますが、そうともいえないようです。黒は紫外線をよく吸収してくれますが、日傘の生地が薄い場合は紫外線を通してしまうため効果は得られません。


紫外線の遮断力は色ではなく生地の厚さや日傘の遮光率によって決まります。つまり、日傘を選ぶ際には黒にこだわらなくても好きな色を選んで構わないのです。


むしろ黒い日傘を選ぶのであれば生地の性能をきちんと確認しなければ、紫外線を集めるだけ集めて日傘越しに紫外線を浴びることにもなりかねません。しかし、紫外線の遮光率は生地や性能が同じ条件の場合であれば、白やベージュよりは黒い日傘のほうが若干でも高くなります。