紫外線と日焼け止め


SPFとは

紫外線対策と日焼け止め紫外線対策として日焼け止めを購入する際の目安となるのがSPF数値です。


SPFとは紫外線B波を遮る効果の度合いを数値で示したものです。紫外線を浴びて肌が赤くなり日焼けが始まるまでの時間を、日焼け止めをつけることでつけていない時の何倍に延ばすことができるかを示す数値です。


一般的な日本人の場合真夏の正午に炎天下にいた場合約20分ほどすると肌が赤くなってしまいます。そこでSPFの数値が15の日焼け止めを使用するとおよそ5時間効果が持続するということになります。最近ではSPF50という製品もあるようですが確かに紫外線を遮る力は長時間持続できるでしょうが、粘度が高く塗布するにはあまり使い心地がよくないかもしれません。日焼け止めとして販売されている製品でもSPFの表示がないものは紫外線を防ぐ作用はほとんどないといえます。


・SPF値・・・ SPF1が、肌が赤くなるまでの時間を、20分間遅らせる。


正常なSPF値で紫外線から守るスキンケアをお探しなら
化粧下地でありながらスケインケア満載の美容クリームをご紹介しましょう↓↓↓


紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤紫外線を直接肌に浴びることによりしみやそばかす、肌の老化の原因になるばかりでなくひどい場合は皮膚ガンを引き起こすともいわれます。


紫外線吸収剤は有機紫外線吸収剤とも呼ばれ、紫外線を吸収し、人体に影響の少ない赤外線や可視光線に変換して放出させるものです。つまり紫外線吸収剤は肌に悪影響を与える紫外線を吸収し、肌に優しい光線に変えてくれるのです。


人体に有害な紫外線を拡散し肌を守ってくれる紫外線吸収剤は、紫外線対策には欠かせないといえますが逆に炎症を起こすなど肌を痛めてしまう場合もあります。また炎症を起こしているのにも気づかず毎日使用している場合も肌をいためる原因になります。長時間の使用や連続使用は肌を酸化させ角質が持っている基礎体力を奪ってしまいます。やはり用法・用量を守り適切な使用をすることが大切です。